2014年11月22日土曜日

初冬 立山スキー

11月末の3連休の内2日を使って立山に初滑りに行ってきました。
浄土山山頂にて、雄山バック

2014年11月17日月曜日

沢L養成源次郎沢セド左

面子:4*鈴木(セドのみ)3L 豊島 2*中村、初藤原(源次郎のみ)1被新留、被深山
(L:リーダー * L権者 被 被養成者 初 初心者)

淡々と養成を進めるのみ。被養成側のレベルアップは勿論、養成側の自分達も技術力判断力を向上させる必要がある。

2014年10月28日火曜日

沢L養成釜ノ沢

面子:4N坂田3L豊島、*廣長2中村、1被新留、被深山、初長根、初八嶋
(L:リーダー、N:ニュートラル、*:L権者、被:被養成者 初:初心者)

沢中泊できるのももう最後だろうということで、クラシックルートの笛吹川東沢釜ノ沢を遡行してきました。山腹の紅葉、黄葉は最盛期でした。来年は後輩に東沢の支沢にたくさん連れて行ってもらいたいと思います。


遡行風景


2014年10月26日日曜日

道山行 丹沢主脈

紅葉の盛りの丹沢主脈(蛭ヶ岳→丹沢山→塔ノ岳)を縦走し、丹沢山のみやま山荘に泊まりました。標高の割に展望に恵まれ、縦走気分の味わえる良いルートでした。健脚であれば日帰りも可能なルートですが、朝日に染まる富士山を眺められるのは、山頂の山小屋ならではでしょう。
塔ノ岳にてご来光を拝む

2014年10月19日日曜日

道山行 鳳凰三山

鳳凰三山と甲斐駒・仙丈は、ワンゲルでもっとも頻繁に行かれている南アルプスだろう。アプローチは用意だが、尾根上の展望はさすがはアルプスといったところ。
好天の下、紅葉シーズン後半の鳳凰三山を楽しむことができた。ドンドコ沢登山道の道沿いの滝も満喫した。ただ、鳳凰小屋の混雑は甘く見ない方が良い。

これから行く路

2014年10月18日土曜日

秋ハイク 東沢鉱山

 道にせよ、藪にせよ、沢にせよ、基本的に山登りというのは事前に決められたルート、線の上を歩くものだ。山のほとんどを占めるそれ以外の「面」はまず登山者に顧みられることはない。それを歩かずして本当に山を知ったと言えるのか?しかしただあてどもなく山腹をうろつくだけではあまりに動機に乏しい。稜線に山頂が、沢に滝やナメがあるように、山腹にもそこへ向かうことが目的となり得る何かがあればいいのに。しかもそれはある程度の広がりを持った、いわば特異点ならぬ「特異面」でなければ・・・。
 そんなことを考えていたある日、偶々玄倉川流域に鉱山があったことを知った。半世紀ほど前に細々と掘られていたのがいつしか忘れ去られ、2006年に再発見されて以来静かに人気を集めているようだ。といってもそこに至る道や標が整備されている訳でもなく、ある程度は自分の足を使って探し回らなければならないらしい。これだ、と思った。
 
※丹沢です

2014年10月12日日曜日

秋企画北岐沢黒岩山

面子: 4N坂田*鈴木、3N大橋、L豊島、2*中村、1初新留、被深山
(L:リーダー、N:ニュートラル、*:L権者、被:被養成者、初:初心者)

片品川源流の北岐沢を遡行し、中央分水嶺の黒岩山~台倉高山の藪を漕いで田代帝釈の湿原を目指し、最後は会津の湯ノ花温泉へ下山するという変化に富んだ企画を作りました。しかし台風の接近により後半の藪区間が消滅し、ただの沢企画となってしまいました。景色が美しく充実していましたがやっぱり藪に行きたかったです。意欲ある後輩のリベンジに期待します


概念図

2014年9月20日土曜日

秋企画八幡平岩手山

面子:4*松岸、3廣長(CL)、豊島(沢sL)、2大西(道sL)、*中村、1N深山
(CL:チーフリーダー、sL:サブリーダー、*:L権者 N:ニュートラル 文責:道区間→大西 沢区間→豊島)

八幡平から大深岳、乳頭山を縦走後、乳頭温泉、滝ノ上温泉で羽を休め、葛根田川遡行、関東沢下降、大深沢遡行を経て再び大深岳に戻り、最後は裏岩手縦走路を岩手山まで縦走する、という美しい一筆書きルートを計画しました。沢も湿原も温泉も名峰のピークも・・・・という欲張りな企画でしたが完遂できて何よりです。

適宜避難小屋を利用させていただきましたが素晴らしい避難小屋を大事に維持管理している地元の方々に敬服しました。以下概念図及び記録。







2014年9月19日金曜日

秋企画 八ヶ岳


4:野呂、宮崎 2L藤原、保田 1F野原、W鈴木、E新留、H村田



八ヶ岳に行って来ました。TWVは八ヶ岳に数年ごとに行っているのに、なぜかいつもトラブルが発生していたところ、今回は何事も無く完遂することが出来ました。昨年と同じくらい晴れて、とても気持ちよかったです。やっぱり山は晴れてこそですね。

今日はとっても晴れている、晴れているから楽しいんだ


2014年8月24日日曜日

夏合宿北アルプス





メンツ 3CL髙市、W一山、高辻、H村瀬 2EF藤原 1新留、西川、村田、八嶋

2014年度の夏合宿の一つとして、剣立山から、雲ノ平などに寄り道しつつ、奥穂高岳まで縦走する企画を出してみた。
この合宿のサブタイトルは行くぜ、槍穂。3rd.である。Lにとって去年から数えて3度目となる槍穂縦走に挑戦する企画で、この山域への思い入れは、他の企画とは比べ物にならない。
今回こそは、天災に悩まされることなく縦走できることを期待したのだが…。

やはり、このLの企画には幾多の試練が待ち受けているのであった。

2014年8月23日土曜日

巻機集中企画 白巻

文責:中村
OB3(*)鈴木、4(*)CL坂田、3(*)W豊島、2(*)HsFsL中村、1EF深山(0)

巻機山麓にある当部小屋の50周年記念祭に、ただ電車で行くのもつまらないので、土合から山を越えて藪を漕いで向かいました。

写真中央の遠くにある山が巻機山


2014年8月22日金曜日

巻機集中企画 黒岩峰

黒岩峰はもう目と鼻の先でしたが・・・小屋祭50周年の現役企画として巻機山集中をしました。その一環として今山行を考案しましたが、結果としてピークを討てず、日帰り山行になってしまいました。


黒岩峰はもう目と鼻の先でしたが・・・

2014年8月15日金曜日

夏合宿道藪隊(朝日・飯豊)


 
面子:4鈴木、3H豊島、sW鳩貝(4)L茂木、2F宇田川(2)EW保田(4)1柏嶋、鈴木、長根、野原 ( )内は今山行までの藪トップ日数



「飯豊山 いいで!」と君が言ったから 8月半ばは飯豊記念日(笑)

ということで飯豊連峰に行きたくなり、朝日連峰と合わせて合宿にしてみました。

御西小屋と大日岳

2014年7月20日日曜日

夏合宿北ア隊デポ山行

メンツ3CL高市、高辻、村瀬、一山、鳩貝2E藤原、H保田

夏合宿の事前準備として、後半8日分の食糧を太郎平小屋にデポしてきた。
山行自体は楽だったのだが、折立までの往復は合計1000kmを超えるドライブになり、運転メンツには大きな負担を強いる山行になってしまった。

2014年7月13日日曜日

沢企画 海沢川FB



海沢川FB
4(*)鈴木、3()豊島、(*)廣長、2(*)L中村、1()新留、(N)EW深山、()FH八嶋

海沢川を下部だけ遡行しました。ちょっと暑い日に泳いできました。一足先に夏休み気分でした。
3m滝に挑む

2014年7月12日土曜日

沢sL企画塩地谷

夏は沢登りの季節。水に戯れ楽しくはしゃぎながら遡行・・・のはずが待っていたのは地獄だった。
面子:4CL鈴木3*廣長、sL豊島2*中村1N深山、初新留、初八嶋
(CLチーフリーダー sLサブリーダー N ニュートラル 初 初心者 *L権者 文責:豊島)

渓相は良いのだが



2014年7月9日水曜日

乗鞍隊偵察

 夏合宿乗鞍隊の偵察に行ってきました。乗鞍隊は中央本線奈良井駅近くの鳥居峠から中央分水嶺を縦走して乗鞍岳を目指す予定です。文中の「踏査報告書」は日本山岳会の中央分水嶺踏査報告書を指します。
からたきの峰の藪


2014年7月6日日曜日

沢sL企画逆川

面子:4*CL鈴木*松岸3*廣長 sL豊島 2*中村 1N深山莉綾
(CL チーフリーダー * L権者 sLサブリーダー Nニュートラル 文責:豊島)
松尾さんや桑原さんに連れられて初めて行った沢の記憶が懐かしく、2年ぶりの逆川をsL企画に選んだが敢無く撃沈した。


中流部の遡行


2014年6月28日土曜日

藪トレ幻湿原

面子:4坂田 CL鈴木  水野 3sL大橋 茂木 2EsHW大西 sF中村 1川原 H柏嶋 深山 W野原 長根 八嶋 F村田
 
幻湿原の上の草原にて
 初藪、初トップと自分の藪人生はすべてここ、幻湿原での藪トレから始まっている。当然ながら、初企画も幻湿原となった。

2014年6月22日日曜日

藪トレ白毛門

企画:茂木
面子:3一山、高市、高辻(2)CL立峻、豊島、鳩貝(2)(廣長)、村瀬、sL茂木、2EH中村(3)FW藤原(0)1柏嶋、西川、野原、八嶋(1年は全員初)

sLはグンマ人である。よって藪トレの白毛門を出すのは至極当然のことである。土合の階段を上ると、そこにあるのは果たして地獄か天国か・・・

土合の階段
 


2014年6月1日日曜日

新人錬成 和名倉山・飛龍山

新人錬成 和名倉山・飛龍山 FB

面子:
3cL村瀬、一山 2:2sL藤原、FWH保田 1:西川、長根、野原、柏嶋 

埼玉の山に登りたかった、珍しい山に登りたかった、新人を錬成したかった、ボルシチが食いたかった、という理由で和名倉山に登った。適度にしんどく、良い錬成になった。


秩父らしい風景。和名倉山にて

2014年5月25日日曜日

新人錬成 金峰山・瑞牆山

新人錬成金峰山・瑞牆山 FB
2年会 大西 大
参加者:3FH一山さん、2L大西、EW保田、1川原、八嶋

去年行った人たちがほめていて、自分も行ってみたかった。景観がすばらしいだけでなく、岩登りも楽しめた。アプローチは楽ではないが、それを補って余りある良い山だったと思う。天気にも恵まれたし、メンバーも楽しかった。Lについて言えば、反省点もいくつかあったので次回に生かしたい。
新品のザックが山に映える

沢sL企画軍刀利沢・湯場の沢



沢sL企画軍刀利沢・湯場の沢
 
記 中村凌熙 
sL企画として、軍刀利沢に行ってきました。やはり倒木がうっとうしかったですが、なかなか良い沢でした。
面子 4H鈴木、3CL/EFW廣長、2sL中村、1村田
 
軍刀利沢大滝上より

2014年5月6日火曜日

残雪スキー 黒部

残雪黒部スキーFB

面子 4CL坂田、松岸、宮崎 3sL大橋、村瀬 2EW高辻、FH藤原

双六岳での集合写真

2014年5月4日日曜日

新人錬成 三つ峠山

sL企画・新人錬成三ツ峠山 FB
2年会 大西 大
参加者:4宮田さん、3CL鳩貝さん、茂木さん、2sL大西、EF保田、WH宇田川、1長根、大庭、川原、柏嶋、都築、村上(雲取に参加した長根以外の5人は初参加)


sL企画ということで不安もあったが、快晴の下、山頂に2時間も滞在、天下茶屋でたるみ、朝9時に下山と、お楽しみ要素満載の企画となった。新人錬成としてはゆる過ぎるくらいではあったが、みんなが楽しんでくれていて嬉しかった。一年生も行動がテキパキしていて非常に良かった。
富士と河口湖

2014年5月2日金曜日

2014新人合宿雲取2隊

2014新人合宿雲取2隊 FB
面子:3 sL一山、L鳩貝、H廣長、W村瀬 2 F大西、E藤原、ペーター 1 板谷、鈴木、新留、村田、安澤、山岸

4/25() 曇り
集合は立川に22時だったが、駒場生は19時に駒場の学生会館にいったん集まって装備の確認を行った。総勢27名、1年だけでも13人の装備の調達・管理を行わなければならなかったEの苦労は察するに余りある。地図を仕上げていない1年が若干名いたため、装備チェックの合間に描いてもらった。sLも予備地図を用意していなかったため、保田の持っているものをコピーしてその場でつくった。また、ここでL装のラジオを忘れているのを鳩貝に指摘され、sLだけ先に駒場を出て立川で合流することになった。
立川で本郷生とも合流し、22:38発の電車で奥多摩に向かった。ところが、青梅で乗り換えの時間が1分しかないのを知らずゆっくりと移動していたところ23:13発の電車を逃してしまい、1時間近くホームで待つはめになってしまった。少し寒いので1年は待合室に入ってもらったが、13人もいる上に皆大きなザックを持っているためそれだけで待合室がいっぱいになってしまった。その間上級生は大富豪をして遊んでいた。24時半すぎに奥多摩に着き駅カン。同業者が多くいて、例の半地下のスペースなどはすでに埋まっていた。入山連絡をして就寝。ただ、このとき本審用紙を青梅警察に提出するのを忘れてしまったのは要反省。さらに反省すべきは、EFから装備に不備がないか報告を受けていなかったことである。このために、後でビーフシチューのルーがなかったり45天のフライがなかったりと大きな支障をきたすことになった。

2014年4月27日日曜日

2014新人合宿雲取1隊



2014年度 新人合宿一隊 雲取山 FB

面子:4坂田 3CL茂木,E大橋,H立峻,W豊島 2sL保田,F中村
1坂間,長根,西川,野原,深山,八嶋,吉重

2014年度の新人合宿。例年通り雲取ですが少しルートを変えてみました。

雲取山頂手前にいた鹿

2014年4月19日土曜日

救助訓練 モミソ沢

今年も行って参りました。
記: 三宅
面子:4*鈴木(不参加),*松岸,L三宅,3*廣長,EF被 豊島,2WH被 中村,1初 益田,初 山田
背負い搬出訓練の様子

2014年2月24日月曜日

プレツアー蔵王

面子:3坂田、松岸、三宅、L宮崎 2大橋、廣長、村瀬、立峻 1EH中村、W藤原、F高辻
期間:2014/2/23~2/25

蔵王の樹氷を見るためにこの山域を企画した。晴れて樹氷は拝めたものの樹氷、シュカブラでとても滑りにくいコースをルートにとってしまい皆四苦八苦していた。企画としてはコンパクトだったが晴天や荒天、sub装から本ザックトラーゲンまで行い経験値は積めたと思う。

晴れの日の屏風岳


2014年2月1日土曜日

会津駒ヶ岳スキー


2月のパウダースノーを楽しみたいなと初心者でもいけそうな会津駒に行った。運がいいというか悪いというか晴れて春スキーのようになってしまった。
 
メンバー

3坂田 L松岸 三宅 2W村瀬 H高辻1E中村

*高辻は冬山1年会



2014年1月24日金曜日

一年冬山 タカマタギ

一年冬山 タカマタギ  企画者 水野


面子
OB:CL 鈴木(克) 3年:坂田、松岸、sL 水野 2年:大橋、EH 高辻、sEH 立峻、sF 廣長 1年:W 中村、F 藤原

 「雪山放浪記」(星野秀樹)に影響されて企画した、ラッセル・雪洞お楽しみ企画。普段の冬山山行ではできない鍋も目的の1つ。
 ネットで記録を読むと、ラッセルは相当キツいらしい。審議資料でも「皆で雪まみれになろう!」などと煽っていたが…。






棒立山にて



2014年1月18日土曜日

1年冬山 上州武尊


: 三宅
面子: 4CL松尾,3sE坂田,松岸,sL三宅,sF宮崎,2W高辻(1年目),sWH村瀬,1FH中村,E藤原,Peter
テン場から沖武尊
”ほたか”と名乗るパチもん感が、余計にこの山の魅力を引き立てるのだろう…。

2014年1月3日金曜日

年越冬山 北岳

面子 3 L坂田 松岸 水野 宮崎 2 EH大橋 FW廣長

冬の北岳に登ってみたくて。

ボーコン沢の頭にて。北岳バットレス